Oct 17, 2016

高江で座り込みを続ける87歳の「文子おばあ」こと島袋文子さんから「暴行を受けた」と被害届を出した「日本のこころ」和田政宗議員!42歳!!IWJは再三取材を試みるも応じず! | IWJ Independent Web Journal

 たとえ「自称」であっても、日本の「保守」はここまで墜ちてしまったのだろうか。2016年5月、ある国会議員が沖縄・辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で、基地反対派の市民から「暴力行為を受けた」として被害届を出した。  被害を訴えたのは、まがりなりにも「保守政党」を自称する、「日本のこころを大切にする党」参議院議員の和田政宗氏。42歳の男盛りである。訴えられたのはなんと、車イスで歩くのもままならない87歳のおばあちゃん、島袋文子さん(通称「文子おばあ」)である。 ▲山本太郎議員事務所HPより転載  現在、島袋文子さんには沖縄県名護署から出頭要請が出ており、10月21日にも名護署に出頭するという。当日は、市民による大規模な抗議集会が予定されている。

Proceed to the page: http://linkis.com/nCbBp

Similar Articles Added Earlier

Similar Articles Added Today

Most Recent iwj.co.jp Articles

Latest Links Processed

0/120