Nov 19, 2015

狂ってるぞ!国が福島県内に企業誘致。一社 当たり補助金200億円!! - 脱原発・放射能

狂ってるぞ!国が福島県内に企業誘致。 一社 当たり補助金200億円!! 須藤卓 @ViceofFukushima I live in Fukushima.City. 福島市在住。ある日、原発事故で放射性物質が飛んでくるハメに。何が起きている...

Proceed to the page: http://linkis.com/EqSg

Similar Articles Added Earlier

Similar Articles Added Today

Most Recent blog.goo.ne.jp Articles

  • 新潟県もチェルノブイリレベルの汚染 ”最大値は新潟県関川村北部の約16万ベクレル” - 原発問題

    新潟県もチェルノブイリレベルの汚染”最大値は新潟県関川村北部の約16万ベクレル”県別セシウム汚染マップ、新潟・秋田県分を公表【第3報】11.10.1304:30http://www.rescuenow.net/2011/10/post-1647.html今回公表された汚染マップによると、新潟県はセシウム134(半減期約2年)と137(半減期約30年)をあわせて1平方メートル当たり10万ベクレル以上を計測したのは魚沼市、胎内市、村上市、関川村の一部地域で、最大値は関川村北部の約16万ベクレルだった。【汚染】新潟ガソリンスタンドの洗車場汚泥からセシウム最大9万ベクレル検出2011.8.4http:...

  • 我自爆ス 天候晴レ - ネイビーブルーに恋をして

    昭和16年12月12日、開戦5日目。彼らは第11航空艦隊第21航戦第一航空隊員の陸攻機乗り組みの八名でした。台湾から比島攻撃に参加して不運にも敵弾を受けて不時着します。「不時着ならば当然自決だろう。彼らは生きてはいまい」同行機の報告を受け、司令部には「全員戦死」の報告がなされます。ところがその23日後、彼らが生きていたとの報告が入ります。彼ら八人は、不時着後原住民に取り囲まれ、そのまま縛りあげられたので、自決もできないまま捕えられマニラに送られます。その後解放されたのでした。戦友は当初無邪気に歓迎しましたが、「武人の誇りを汚した」と司令部から判断された彼らに与えられたのは、階級章を剥いだ軍服で...

  • 興味深い国立大学論文数の変動パターン(国大協報告書草案21) - ある医療系大学長のつぼやき

    今日は、国立大学の論文分析シリーズの2回目ですね。2004年の国立大学法人化後の国立大学の論文数の変動は、実に興味深いパターンを示しています。先進国で論文数が停滞~減少することは稀有な現象であり、なかなか観察する機会がないのですが、日本はまさに、その社会実験場かもしれません。それが国立大学の法人化と時期を同じくして起こっているので、近隣諸国は日本の大学法人化が成功したのかどうか、疑問の目で見ています。日本の論文数を分析するだけで、ひょっとしたら、Natureなどに載せてもらえる可能性があるのではないかとも思います。ただ、先日のブログでも申し上げましたが、日本ではFTE研究従事者数およびそれにも...

Latest Links Processed

0/120